2016年4月4日

ホワイト餃子 三郷店でちょい飲み!伴餃子(ぱんぎょうざ)で一杯やってきました!


50

参考記事:市内観光ツアー

楽しかった市内観光ツアーがピアラシティで終了したので午後5時ちょっと過ぎ。そのまま帰ってもいいけど、ちょっと一杯飲んでいきたいな、、、。

でも近くに、軽く飲めるお店って、、、

参考記事: ホワ餃飲みをしろ!と呼んでいる!ホワイト餃子 三郷店のアルコール類が意外と充実している件

ありました!しかもピアラシティ交流センターのすぐ近く。念願だったホワイト餃子で一杯ができるじゃないですか!

というわけで、ホワイト餃子三郷店の夜の部開店とほぼ同時に入店してきました。

スポンサードリンク


場所はこちら

いや〜バスで参加して正解でしたww

17

開店とほぼ同時だったので、お客さんは私一人だけ。カウンターに座り、生ビールと枝豆、そしてはじめて注文する伴餃子(ぱんぎょうざ)をお願いしました。

「ばん」ではなく「ぱん」です。

最初「ばんぎょうざ」だと思っていたんですが、お店の方が「ぱんぎょうざですね」と言っていたので、そこで気付きました。

13

最初にビール(エビス450円)、枝豆(280円)が到着。

思ったよりも枝豆のボリュームがあります。

15

そして来ました!伴餃子(ぱんぎょうざ)380円

餃子はゆで餃子なのですが、醤油と紹興酒、そして焼油が味付けの中心となっているそうです。

餃子の上にはおろし生姜と刻みネギ。

タレを良くまぜてくださいと言われました。

49

なるほど、タレの底の方に紹興酒がたまっているので、しっかりと混ぜてからでないと、伴餃子(ぱんぎょうざ)の本当の味が楽しめません。

紹興酒の香りと生姜と刻みネギのサッパリ感もあるのですが、油がベースになっている事もあり、コッテリとしています。

大人の餃子。そして酒のつまみの為の餃子といった感じです。

03

市内観光ツアーでお腹いっぱいだったという事もあり、ビールも餃子もこれだけにしておきました。

念願のホワイト餃子飲みが出来て嬉しかったですが、今度は焼き、ゆで、伴の3種類を堪能しながらの飲みをやってみたいですね。

店舗情報

  • ホワイト餃子三郷店
  • 〒341-0054 埼玉県三郷市泉70-1
  • 048-954-6517
  • 定休日なし(年始のみ)
  • テイクアウト販売:午前10時から売り切れまで
  • ランチ:午後12時から午後3時まで(午後2時ラストオーダー)
  • 夜:午後5時から午後10時まで(午後9時ラストオーダー)

■どんな事でも結構です。三郷市に関する情報を大募集しています!!投稿コメント欄はこちらから!!■


この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
パートナー企業募集

人気記事(週間)

月別アーカイブ

こちらもよろしく!

ゴマダレ