2018年9月11日

回転寿司「魚屋路」で食中毒が発生、10日から全24店舗が営業を自粛、三郷市でも下痢やおう吐などの症状が発生

カテゴリ: 話題
タグ:

回転寿司「魚屋路」で食中毒が発生、10日から全24店舗が営業を自粛しています。

ニュースの詳細

回転寿司「魚屋路」で食中毒、全24店舗で営業自粛

外食チェーン大手の「すかいらーくグループ」が展開する回転寿司店「魚屋路」で食中毒が相次いで発生し、東京や埼玉などにある24の全店舗で営業自粛を決めました。

埼玉県によりますと、先月31日から今月2日にかけて、三郷市と所沢市にある回転寿司チェーン「魚屋路」の店舗で、持ち帰り用の寿司を購入した10代から70代の男女11人が、下痢やおう吐などの症状を訴えました。症状を訴えた11人は、いずれも快方に向かっているということです。

保健所が検査したところ、症状を訴えた3人と店舗にあった商品から、感染すると下痢や嘔吐を引き起こす「腸炎ビブリオ」が検出され、保健所は食中毒と判断したということです。埼玉県は食中毒が発生した2つの店舗を、10日から12日までの3日間、営業停止処分としました。

衛生管理をしっかりと見直して、再出発してほしいですね。


この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

月別アーカイブ