2018年2月1日

高州4丁目の空き家に白骨遺体、解体業者が発見

カテゴリ: ニュース
タグ: ,

2018年1月29日(月)高州4丁目の空き家で白骨遺体が発見されました。

スポンサードリンク

ニュースの詳細

空き家に白骨遺体 10年前から空き家、解体中に作業員が発見 着衣の乱れや外傷なし/三郷

1月29日午後1時10分ごろ、埼玉県三郷市高州4丁目、木造平屋の住宅内で、解体作業中の男性作業員が南側の6畳間に男性が倒れているのを発見し、現場責任者の団体職員の男性が110番した。

遺体はすでに白骨化していたとの事です。

男性は40~70歳くらいで、身長約162センチ、上下青色のジャージー姿で、靴下と運動靴を履いていた。そばに白色のキャップ帽もあった。目立った外傷や着衣の乱れはなく、同署で身元を調べている。

アクセス 高州4丁目

高州4丁目はこのエリアになります。


この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
歯科衛生師 マネージャー
パートナー企業募集

月別アーカイブ