2018年7月20日

宇宙がテーマ!さいたま市青少年宇宙科学館に行ってきた!プラネタリウムもあるよ

カテゴリ: おでかけ

参考記事:サイエンス・ワールド「川口市立科学館」に行ってきたよ、楽しみながら科学を体験、プラネタリウムもあるよ

川口市立科学館と同様に、3年前のネタで恐縮ですが、さいたま市青少年宇宙科学館に行ってきたので紹介します。

※3年前のネタなので現在施設内容に変更等があるかもしれません。ご了承ください。

スポンサーリンク

アクセス さいたま市青少年宇宙科学館

場所はこちら。駒場スタジアムのすぐ隣。元浦和市民なんですが、まったく知りませんでしたww

宇宙がテーマの科学館

なぜ、宇宙科学館なのかと言うと、宇宙飛行士の若田光一さんの出身が大宮市、現在のさいたま市北区という事、さらに埼玉県立浦和高等学校ご卒業という縁から「宇宙」がテーマになっているのです。

フーコーのふりこ、地球の自転を証明した巨大実験器具。

スイングバイ。

自転車を漕いで、電気を発電!!!

夏休みにはワークショップやイベントが開催

夏休みは、科学館まつりと銘打って、ワークショップやイベントが開催されています。

この日は、飛び出す3Dメガネを作りました。次男は大喜びです。

プラネタリウム

科学館は入場無料ですが、プラネタリウムは別途料金がかかるのでご注意ください。

  • 大人:510円
  • 4歳〜高校生:200円

さいたま市青少年宇宙科学館 施設情報

参考記事:三郷市近隣のオススメ科学館!4選!安い!涼しい!楽しい!夏休みの宿題にオススメ!【まとめ】

スポンサーリンク

サムリ
結婚を機に三郷に暮らし始めて、もうすぐ20年。在宅フリーランスのサムリです。奥さんは生まれも育ちも三郷市。二人の息子と愛犬一匹と家族五人で暮らしております。
この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

人気記事(直近1週間を集計)

注目のキーワード

月別アーカイブ