2018年2月14日

越谷レイクタウン駅、吉川美南駅に続いて、武蔵野線に新駅誕生計画が浮上!松戸市、21世紀の森と広場近くか!

カテゴリ: 再開発
タグ:

越谷レイクタウン駅、吉川美南駅に続いて、武蔵野線に新駅誕生計画が浮上しましたよ。

スポンサードリンク

新松戸駅と新八柱駅の間に誕生か?

場所は松戸市。新松戸駅と新八柱駅の間みたいですよ。

千葉・松戸に武蔵野線の新駅計画 市、宅地開発を促進へ

千葉県松戸市のJR武蔵野線新松戸駅~新八柱駅間の同市千駄堀地区に、新駅を建設する計画があることがわかった。市とJR東日本が新駅設置について協議することで今月合意し、13日に初会合を開いた。有力な候補地は、昨年末に開業した「市立総合医療センター」の近く。市は地域の活性化を図るため、新駅構想にあわせて沿線一帯で大規模な宅地開発を進める計画だ。

まあ、協議が開始されたばかりなので、誕生までにはかなりの時間がかかるかと思われますが、個人的には21世紀の森と広場へのアクセスがしやすくなるのではないかと、期待しています。


この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
パートナー企業募集

月別アーカイブ