2018年6月18日

ドでかいスーパーボールがどうしても欲しいというので二木の菓子 草加店に行ってきたよ


長男(以下、長):ねえ、父ちゃん〜、超でかいスーパーボールが欲しいんだけどさ〜

父ちゃん(以下、父):欲しいけど、何なの?買ってほしいの?

:まあ、そうなんだけど、でも、どこにも売ってないんだよ。

:どれくらいの大きさなのよ?

:直径5センチくらいかな〜

:でか!!!!あれか?縁日のクジの1等で、もらえるくらいのサイズか?

:そうそう!お祭りのクジの一番上のやつだよ!

:ああ、確かにあのサイズは単品で売っているのは見た事ないね。

:そうかあ、、やっぱり売ってないかあ、、、

:ん?まてよ。縁日のクジ付きスーパーボールのセットそのものなら、どこかで売ってるの見たことあるぞ。

:え?あのお祭りのやつが売ってるの?

:あ!あそこだ!二木の菓子だ!

参考記事:お菓子の殿堂!子供の天国!ニキニキニキニキ!二木の菓子 草加店で駄菓子を沢山買ってきたよ!

という事で、家族で久しぶりに草加市の二木の菓子に行ってきました。

スポンサードリンク

二木の菓子 草加店

場所はこちら。

はいからボール 大当たり

これです。これ。

はいからボール大当たり。なんと110個のスーパーボールが付いております。お値段1,696円(税抜)。

税込みで1,831円。1個あたり約17円という計算になります。こう考えると安い気もしますが、しかし冷静に考えるとスーパーボールに1,831円って、、、、。

このように数字合わせのクジも付いています。

せっかくクジが付いているので、そのまま長男と次男と山分けではなく、1日1回、母ちゃんのお手伝いをしたらクジを引いて良いというルールを設けました。

配膳やお風呂掃除、洗濯物たたみ、など。日々お手伝いを頑張りながら、クジを引き続けております。

今のところ23番が一番小さい数字で、最大級のサイズの1〜5番はまだ出ておりません。

最初は、こんなに大量に無駄なものを、、、と白い目で見ていた奥さんも、楽しみながら家のお手伝いを率先してやってくれるなら、良しとしてくれました。

ビジネスを考え出す長男

:お!今思ったんだけどさ。

:何?突然?

:これ1回100円でクジ売ったら全部で11,000円って事でしょ。

:そりゃそうだ。

:それなのに、これって二木の菓子で1,800円ぐらいで売ってるんでしょ?

:うん。

:そしたら9,000円くらい儲かるってことじゃん!!これって凄くない??

:そうね。それが商売ってものよ。

:よーし、今回のこれは、俺たちでクジを引くとして、今度新しいの買って、皆に売れば、、、

:おいおい、友達相手にビジネスするのはやめなさい。まあ学校のバザーとかで活用するのはいいかもしれないよ。お前の利益にはならないけどww

:うう、、それじゃ意味がない。子供が売っても許される場所ってないのかああ?

まさかスーパーボールで、長男の商魂を目覚めさしてしまうとは思いもしませんでした。

二木の菓子 草加店 店舗情報


この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
歯科衛生師 マネージャー
パートナー企業募集

月別アーカイブ