2020年5月8日

三郷市でも5/1(金)から特別定額給付金のオンライン申請の受付が開始、郵便方式は5/22(金)から市から申請書が発送

カテゴリ: 話題

三郷市でも5/1(金)から特別定額給付金のオンライン申請の受付が開始されています。

※写真はイメージです。

スポンサーリンク

マイナンバーカードでオンライン申請

マイナンバーカードをお持ちの方で、ICカードリーダーまたはカード情報の読み取りができるスマホをお持ちの方は、マイナポータルサイトからオンライン申請が可能です。

関連リンク:マイナポータルサイト

マイナポータルでの特別定額給付金のオンライン申請方式の受付を開始いたしました。

マイナポータルを利用したオンライン申請を行えるのは、4月27日時点において世帯主であった方です。

また、マイナンバーカードと、マイナンバーカードの交付時に設定した署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16文字以内)が必要となります。

オンライン申請の場合は、マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ又はカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要です。

オンライン申請での入力方法は、申請者及び世帯員の情報、振込口座情報の入力と、振込先口座情報の確認書類のアップロードを行い、手続きを行います。その際、金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写しが必要になります。

オンライン申請方式の場合は受付後、確認・審査を経て、令和2年5月8日(金)から順次お振込みいたします。

注意が必要なのは「マイナンバーカード」であって、マイナンバーの「通知カード」では受付が出来ない点です。

ちなみに「通知カード」は今月5月下旬に廃止される予定になっています。

マイナンバーの通知カードが廃止になる予定です

マイナンバーの通知カード(紙製のカード)は、令和2年5月下旬頃に廃止される予定です。通知カードが廃止されると、通知カードの再交付申請や氏名・住所等の券面変更の手続きができなくなります。

通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用するためには、通知カードの氏名や住所等の記載事項が、住民票と一致している場合に限り、引き続きマイナンバーを証明する書類として使用することができます。

通知カードの再交付申請や、氏名・住所変更等に伴う記載事項の変更が必要な方は、お早めに手続きをしてください。

通知カード廃止後、通知カードの記載事項が一致していない場合、マイナンバーを証明するためには、マイナンバーカードを取得していただくか、マイナンバー記載の住民票の写しを取得していただく必要があります。

マイナンバーカードは、申請から2ヶ月程度、お時間がかかりますので、早めにマイナンバーカードへ切り替えることを推奨いたします。

郵送申請方式は5/22(金)に市が申請書を発送

郵送方式での特別定額給付金の給付は以下のスケジュールとなっています。

  • 5/22(金):市から申請書が発送予定
  • 5/25(月):郵送申請方式による受付開始予定日
  • 5/29(金):特別定額給付金の振り込み開始予定日
スポンサーリンク

サムリ
結婚を機に三郷に暮らし始めて、もうすぐ20年。在宅フリーランスのサムリです。奥さんは生まれも育ちも三郷市。二人の息子と愛犬一匹と家族五人で暮らしております。
この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

人気記事(直近1週間を集計)

注目のキーワード

月別アーカイブ