2016年7月12日

女子ゴコロをわし摑み! 越谷市の蒲生駅近く「こぐま洋菓子店」へ

カテゴリ: グルメ
タグ:

美味しさとともに、女子ゴコロをキュンとさせる可愛らしいお菓子屋さん。

「こぐま洋菓子店」へお邪魔してきました。

スポンサードリンク


お客様が来るとき、お友達が遊びに来るとき、はたまたこちらからお邪魔するときと、お菓子を用意する機会は多いですよね。

決して自分のためっていうワケではありませんヨ!

時と場合によって、お渡しする人の好みによって、相手を想いながらお菓子を選ぶのが大好きなんです。

なので、数多くのお菓子屋さんを知っていたいワタクシ。今回は、越谷市の「こぐま洋菓子店」さんへ行ってきました。

場所はこちら

蒲生駅から続く、商店街のような道沿いに佇むこちらのお店。
店名から分かるように、”こぐま”がシンボル。可愛いこぐまのキャラクターを目印にしてください!

外観写真から分かるように、一見お菓子屋さんとは気づかない。雑貨屋さんのようなシャレた雰囲気を持つブルーのドア。なんとも味があって素敵です☆

こちら、焼き菓子コーナー。
陳列の仕方もお菓子屋さんっぽくない!

ショーケースは、プリンやケーキ、土日限定のロールケーキなどが置かれていました。(ちなみに伺ったのは日曜日)

こちらは、ドアを開けた真正面にあるのですが、先ほどの焼き菓子コーナーは壁際に。

置いてあるお菓子はこの2コーナーだけだからなのか、店内は広々と感じられるんです。余計な装飾がされていない店内も、マメ好み。

今回は自分のためのお菓子だったので、
大好きな焼き菓子をチョイス。
(初めて行く場所は、やっぱり自分で味見しなきゃね〜〜。←いい訳…)

(右)サブレショコラ ¥160
(右)サブレココ  ¥160

3つセットのクッキー。他にも何種類かあります。1口噛むと、サクサクで素朴な甘みが口の中に広がります。

(上)カフェマロン  ¥170
(下)ブルトン  ¥180

カフェマロンはしっとりしたケーキ風。
ブルトンはガレットのような、カリカリした食感が楽しくて、バターの風味が抜群。もう1つ買えば良かったな〜〜。

お菓子の袋にも、必ずこぐまがついてて、見ているだけで心が和みます。
誰かのためにお菓子を選ぶ…
な〜んて言っていたけど、
こぐま洋菓子店はちょっと別!
訪れるだけで、ホッとする雰囲気。
可愛いこぐまのパッケージを見ているだけで柄にもなくキュンとするし、雑貨を選ぶ感覚でお菓子を買うのも、なんか楽しい♪

素朴な味といい、お店の雰囲気といい、
“特別なときに”というよりは、
“毎日訪れたくなる”ような、
温かみのあるお店なんです。
私もまた自分へのご褒美を買いに行こう〜〜♪

店舗情報

  • こぐま洋菓子店
  • 埼玉県越谷市蒲生旭町1-56
  • 048-986-8881
  • 営業時間:午前10時30分〜午後7時30分
  • 定休日:月曜日・火曜日

この記事はいかがでしたか?

三郷ぐらしを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー
パートナー企業募集

月別アーカイブ