2022年1月29日

親子三代寅年・年男!丑年・寅年生まれの守り本尊「彦倉虚空蔵尊」にお参りに行ってきた!【2022】

カテゴリ: おでかけ
タグ:

毎年年末、すす払いのニュースでも話題になっている、彦倉虚空蔵尊。

こちら調べると、丑年・寅年生まれの守り本尊というではありませんか。我が家は、私の母、私、次男と親子三代が寅年生まれ。

しかも2022年、今年は寅年の年男。というわけでお参りに行ってまいりました。

スポンサーリンク

アクセス 彦倉虚空蔵尊(延命院)

場所はこちら。駐車場完備です。

仁王門

こちら仁王門。

左右に阿吽の仁王(金剛力士像)が祀られています。

力石

大きな丸い石が並べて置いてありました。

こちら力石(ちからいし)といい。

昔、若者が力比べに使ったものだとか。米一俵が担げないと大人として認められなかった事から、この力石による力持ちが盛んな時期があったそうです。

うなぎ供養塔

そしてこちらが、うなぎ供養塔。

うなぎは、虚空像様の化身、または使者という言い伝えがあるそうです。

この黒い球体は宇宙を表しているとか。

宇宙とうなぎ。今まで生きてきて、この二つの言葉が結びつく日が来るとは想像だにしませんでしたww

中には成魚と子うなぎの像が掘ってあります。

要はうなぎは神聖なものであるという事なので、虚空像様を祀っている地域と、丑年寅年の人は、うなぎを食べないという伝承があったそうです。

え?私、うなぎ食べちゃだめなの?wwww

まあ、それは昔の話で、現在では、うなぎ屋さんやうなぎ愛好家の方々が、うなぎに感謝と敬意を表する為に、年に一度「うなぎ供養会」を開催しています。

水屋

虚空蔵堂(御堂)

いよいよ虚空蔵堂をお参りです。

親子三代を代表して、私一人で参拝。

宇宙のような無限の知恵と慈悲が納まっている蔵を意味する事から、知恵や知識、記憶力を与えてくれるという事です。

成績向上、記憶力増進、頭脳明晰、商売繁盛、技芸向上のご利益があり、丑年・寅年の開運、厄除け、祈願成就を助けると言われています。

丑年と寅年をピンポイントに守ってくれるなんて、なんて素晴らしい。

これから毎年参拝したいと思います。

彦倉虚空蔵尊(延命院) 店舗情報

スポンサーリンク
サムリ
結婚を機に三郷に暮らし始めて、もうすぐ20年。在宅フリーランスのサムリです。奥さんは生まれも育ちも三郷の人。二人の息子と愛犬一匹と家族五人で暮らしております。 三郷に引っ越してきたばかりの方から、三郷に長年暮らしている方まで。老若男女誰でも楽しめる、ちょっぴり役に立つ情報を発信していきます。
三郷ぐらしのこの記事はいかがでしたか?

埼玉県三郷市の地域情報ブログ「三郷ぐらし」を気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

三郷ぐらしへようこそ

三郷ぐらしは、埼玉県三郷市のニュース、グルメ、イベント、開店・閉店情報などをお届けするローカルブログメディア。三郷市からおでかけできる八潮や吉川など市外の近隣地域の情報も紹介しています。

注目のキーワード